2009年10月23日

行って来ました!村ステ★ただいまっ!

ただいまぁぁぁぁぁ家
3泊4日の村ホームステイ、無事終了しましたぴかぴか(新しい)

楽しかったるんるんそして疲れたダッシュ(走り出すさま)

同期12人が各村に1人ずつホームステイクリスマス
くじ引きでホームステイ先は決定かわいい
さきが行ったN村は大きい村でしたexclamation×2

もちろん全部の村、電気・水道ありませんダッシュ(走り出すさま)

【1日目:金曜日】

着いてすぐに、ホストファザーのムッサさんにle cabaretに連れて行かれましたひらめき
le cabaretとは、居酒屋って意味があるんだけど、まぁここは屋外クリスマス
丸太のいすがあるくらいで、ブルキナベたちがドロという伝統的なお酒を飲んでくっちゃべるという場所バー
もちろん私も飲まされしたバー
色はまさに名前の通り?ドロっぽい(笑)
なんか濁った黄色っぽい色をいてて、味は少しすっぱいexclamation×2
飲めなくはないお酒ですかわいい
ドロは3日間かけて作るお酒らしく、ここの村では毎週金曜日に村人がドロを飲むらしいですバー
そのため、女性は男っちのために水曜日からドロを作るらしい。

その後、le marche(市場)に行きました晴れ
なんかごったかえしてるダッシュ(走り出すさま)
いろんなもおが売られてて、そこでガレットという食べものを頂きましたひらめき味はまぁまぁるんるん

夕方6時になったら、市場にいた女性たちが品物を頭にのせて村へ帰っていきまするんるん
テレビで見たことある、あの光景ぴかぴか(新しい)
トウモロコシが生い茂った小道を頭に大きな荷物をのせた女性が列になって歩いて帰っていくぅぅぅグッド(上向き矢印)
なんか、アフリカに来たっexclamation×2って思う瞬間でしたかわいい

こんなのちょろいもの!.JPG

ブルキナはpolygame(一夫多妻)ですひらめき
最近は減ってきたらしいけど、まだpolygameもたくさんいますexclamation
特に村は町と違って、多いですダッシュ(走り出すさま)
ムッサさんも2人の奥さんがいますあせあせ(飛び散る汗)
だから村は男の家と奥さんの家が分かれてます家
ムッサさんの家・第1夫人の家・第2夫人の家家
それから、女と男は別々に食事もとりますレストラン
さきは毎回お世話をしてくれるムッサさんと食べてたけど、
普段はムッサさんは男の子の子どもと食べてるらしいレストラン
ちなみに子どもは、第1夫人との間に5人、第2夫人との間に1人いましたダッシュ(走り出すさま)
村は大きいんだけど、さきがステイした1つの集落は全部ムッサさんの家族や親戚ダッシュ(走り出すさま) 
30人はいると言ってたあせあせ(飛び散る汗)

子どもは本当にカワイイ揺れるハート
ここの村はボボ語が話されてて、フランス語が通じる人はごくわずかだったけど、
言葉通じなくても子どもたちはいつも私の周りにいっぱい集まってきて、
いっぱい遊びましたるんるん

みんなでぱちりっ!.JPG

毎月1回金曜日はディスコのようなダンス会場が開かれてて、
この日も夜8時くらいから、明け方の6時まで爆音が鳴り響いてたがく〜(落胆した顔)
ちょっと見に行こうって誘われて行ったけど、
学校の教室みたいなところですごい大勢のブルキナベが音楽にあわせて踊ってたるんるん
びっくりしたのが子どもがいっぱいexclamation×2しかも結構小さい子どももいっぱいあせあせ(飛び散る汗)
しばらく見てたけど、誘われてさきも少しだけ適当に踊りましたグッド(上向き矢印)

疲れて23時に帰って寝たけど、なにせすぐ近くで本当に爆音が朝まで鳴り響いてるし、
小屋は締め切られてて暑いし、全然寝れなかったたらーっ(汗)

おうち★.JPG


【2日目:土曜日】

あまり寝れないまま6時過ぎには起床晴れ
今日は村をプラプラ散歩して、村長さんに会いに行きました犬
午後はムッサさんの畑に連れてってくれましたひらめき
2`くらい歩いて、le haricot(いんげん)がいっぱい作られてる畑に到着晴れ
奥さん2人や女の人、子どもがいんげんを摘む作業を炎天下の中やってた晴れ

子どもは働き者★.JPG

さきも少しお手伝いわーい(嬉しい顔)
それしても、男の人はさきが見る限りではあまり働いていないあせあせ(飛び散る汗)
女の人は朝から晩までめっちゃ働いてるぴかぴか(新しい)

それに小さな子どもが赤ちゃんを抱いて面倒を見たり、いっぱい働く(手伝い)をしてたぴかぴか(新しい)

アライッサー7歳.JPG

【3日目:日曜日】

今日は学校がお休みビル
近くに教会があって、お祈りをしてるということで、
子どもたちが連れていってくれましたかわいい
すごい人がいて、お祈りというか、歌とダンスるんるん
すごいにぎやかだし、楽しそうでしたぴかぴか(新しい)
その横に学校があって、そこでは1つの教室の中にあふれるほどの子どもたちグッド(上向き矢印)
子どもたちが歌を歌っていましたるんるん
教室の中に入っていくと、歌を歌ってくれたり、みんな手を振ってくれたり揺れるハート
私も子どもたちの手拍子に合わせて、スピッツのチェリーを歌いましたるんるん
終わると、大人の人が1人ずつにクッキーをあげてたひらめき
みんな大切なクッキーをわけてくれるぴかぴか(新しい)
なかなか買えないものだし、みんなが食べなって言っても、
みんなわけてくれるぴかぴか(新しい)
貧しくても、みんなに分けてくれたり、本当に純粋だし優しい黒ハート
午後はいっぱい子どもたちと遊びましたるんるん
ブルキナにもはんかち落としがあったひらめき

フォトビ(写真とって).JPG

【4日目:月曜日】

子どもたちは朝から学校に行ってしまって、村はガランもうやだ〜(悲しい顔)
でも学校に行けない子どもたちやおちびちゃんたちが数人残ってましたexclamation×2
午前中には村ステ終了で向かえが来たので、
みんなとお別れして3泊4日の村ステは終了しましたぴかぴか(新しい)


水道も電気もない暮らしなんて初めてしましたexclamation×2
朝と晩にバケツ1杯の水(ぬるま湯にしてくれてた)を渡されて、
それで身体や頭を洗いますいい気分(温泉)

水浴び場.JPG

1杯の水じゃうまく洗わなきゃ足りなくなっちゃいますたらーっ(汗)
だから朝に頭を洗って、夜に身体を洗ってた(笑)
しかもシャンプー・リンスなんかどっちも両方なんてできないあせあせ(飛び散る汗)
バケツ1杯の水 井戸からの水だけど、濁ってるふらふら
歯ブラシはさすがに持っていってた水でしましたダッシュ(走り出すさま)
でも、みんなこの濁った水を飲むのが当たり前雨

トイレは外クリスマス 土の壁で囲まれてるだけで、
立つと外にいる人と目が合うような低い塀たらーっ(汗)

トイレの入り口.JPG

便器なんてもちろんなくて、穴が掘ってあるだけどんっ(衝撃)
トイレットペーパーなんて村人は使うわけもないむかっ(怒り)

トイレ.JPG

夜7時には真っ暗満月
何人かの人が懐中電灯を持ってるだけひらめき
ご飯も真っ暗な中ダッシュ(走り出すさま) 
でも、こんなにたくさんの星を見たのは生まれて初めてだったよぴかぴか(新しい)
本当に空には満天の星ぴかぴか(新しい)
同期12人が同じ星を見てるんだろうなぁって思いながら過ごしましたるんるん

ご飯はおいしかったよかわいい
どうやら当たりくじを引いた村だったみたいで、
村ステ受け入れも8人目だったみたいで、ムッサさんも慣れてたグッド(上向き矢印)
奥さんの作ったごはんもおいしかったぴかぴか(新しい)
朝はわざわざパンを買ってきてくれてたひらめき
もちろん私だけで、子どもたちや奥さんは高くてパンなんか食べれませんバッド(下向き矢印)
お昼もパスタやお米を出してくれましたぴかぴか(新しい)
夜は毎食トー(とうもろこしの粉をつぶして煉ったようなもの)でしたexclamation
手で食べるのは当たり前手(パー)

私はお客さんだったのもあり、お米やパスタを用意してくれてたけど、

あんまりこれらのものは食べれないですバッド(下向き矢印)
高くて、そんなに毎日食べれるわけではなくて、ほとんどがトーですexclamation

もちろん村にも貧富の差はあって、
学校に行ける子どももいれば行けない子どももいるし
毎日3食食べれる家族もあれば、1食だけの家族もあるふらふら
電気や水道がないのは当然台風
濁った水を飲むのも当然どんっ(衝撃)
トイレやお風呂事情にしても、
子どもたちの衛生面を見てもとてもいいとは言えないけど、
これが彼らにとっては当たり前のことだし、
ブルキナ、アフリカでは多くの人がそうなんだなって思わされたペン
そして、いかに自分が、日本が豊かで贅沢なのかをすごく考えさせられる村ステでしたふらふら

きれいになりましょ!.JPG

1口食べただけで吐くくらいご飯が合わない村もあって、
メンバーの中にはたった3泊4日で頬がこけてた人もいたけど、
貴重な経験になった村ステでしたぴかぴか(新しい)

本当に世界ウルルン滞在記みたいだったるんるん
posted by さき at 09:21| Comment(17) | 村ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。