2010年11月07日

ストリートチルドレン

こないだ、ストリートチルドレンを対象に活動しているAssociation(青少年団体)を訪れました晴れ

大学時代、国際協力を学ぶゼミに入り、カンボジアへ行き、
ストリートチルドレンを保護するローカルNGOでボランティアをしながら、
卒論研究をしていましたペン

ブルキナにもトマト缶を持って、路上で過ごしている子どもがたくさんいます。
ストリートチルドレンといっても、家族が全くいない子どもはほとんどいません。
ブルキナは大家族で暮らしています。
両親がいなくても、大体親戚などがいるので、1人ぼっちということはあまりないそうです。
でも、家を出て路上で暮らすストリートチルドレンは多くいます。

P3110687.JPG

その理由としてあげられるのが、

・家にいると暴力をうけるから
・村から町へでてくる
(村にいると農作業の手伝いばかりだが、町には楽しいことがいっぱいあると思っているから)

また、根本的には家庭が貧しいことがあげられます。

ディレクターの話によると、お金があっても、家で暴力をうけると
逃げてストリートチルドレンになる子どももたくさんいるとのことでした。

また2種類のストリートチルドレンがいます。

@ Les enfants de la rue
A Les enfants dans la rue

@の Les enfants de la rue
は、日中は路上で過ごし、夜になると家に帰ります。

Aの Les enfants dans la rue
は、夜も路上で寝て過ごす子供たちです。

子どもたちは、駅で寝たり、電気がある明るい店の前などで戯れて寝ます。
1人で過ごすと、暴力を受けたり、危険な目にあうかもしれないからです。

いつも感じることだけど、どんなに厳しい状況の中でも
子どもたちはいつも笑顔だし、
大切なクッキーをわけてくれたり、心優しいですかわいい

そんな子どもたちから、いつも元気をもらってます黒ハート

PA294627.JPG
posted by さき at 20:49| Comment(3) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。